■タグ「写真の勉強」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 写真ブログへ
応援いただけるとうれしいです!



ステキで便利な撮影用小物集めてみました。 figma、ダンボーサイズのうれしい1/12スケール!


ステキなはんこをご紹介!
 
一眼レフカメラ(フィルムのやつ) 認め印
 
 
ひっかく猫 認め印
 
 
酔いどれパンダ 認め印
 
 
捕食ワシ 認め印
 
 
大仏目からビーム 認め印
 



■新発売!?期間限定の!?

ダンボーとキットカット

このたび、期間限定新商品、ダンボーキットカットが発売されました!

ウソですw
実はこれ、先日の横浜オクトーバーフェストでのダンボー会、ハマのみなさまへのお土産だったのですが、
チョコラボキットカットで作ったものなのです。


チョコラボ キットカット
なんと!こちらでオリジナルのキットカットをデザインして作れてしまうのです!

チョコラボキットカット編集画面

こちらは編集画面のスクリーンショットです。
非常に簡単!
チョコを選ぶ→キットカットロゴを選ぶ→画像を配置→文字入れなど

チョコは基本の赤い箱と、大人味の黒い箱が選べます。(値段がちょっと違います)
10こ単位で注文なので、ちょっと多いですが、配り物にはちょうどいいですね。
出来上がりも、ほぼ画像通りできれいでした。(上の画像はちょっときれいに写りませんでしたが)

ちょっと楽しいイベントのお土産に、オリジナルのキットカット作ってみると楽しいですよ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
応援いただけるとうれしいです!



ステキで便利な撮影用小物集めてみました。 figma、ダンボーサイズのうれしい1/12スケール!


ステキなはんこをご紹介!
 
一眼レフカメラ(フィルムのやつ) 認め印
 
 
ひっかく猫 認め印
 
 
酔いどれパンダ 認め印
 
 
捕食ワシ 認め印
 
 
大仏目からビーム 認め印
 



Theme:気になるモノ - Genre:その他

■絵本のようなかわいさ viviフォトブック

光画部、またまたフォトブック作ってみました。

vivipri
デジタルのプリントやフォトブック作成のオンラインサービスです。

今回はこちらの2種類作ってみました!
正方形のCDサイズと横長KGサイズ。(下に敷いてるのはおまけで付いてくる袋)
viviフォトブック

使ってみた感想
とてもよい出来で、個人的にはかなりのお気に入りです!

viviフォトブック

ページがペラペラではなく、厚いしっかりした紙なので、絵本のようなかわいさです。

viviフォトブック

正方形タイプ、見開きど~ん!
なんと!全面見開きで迫力満点なのですよ!
真ん中が切れないのがうれしいところ。

viviフォトブック

KGタイプも見開きど~ん!
こちらも真ん中に切れ目が無いのがいいですね。
広々とした横長空間が楽しめます。



編集について

編集ソフト画面。(上は全体、下は拡大図)
viviフォトブック 編集画面

編集は、サイトから専用ソフトのインストールをして、写真をアップロード、それから編集という手順になります。

背景色
余白設定で、色は自由に、デザインは入っているものから選べます。
今回、基本的には黒を使いました。
画像のように、「すいかわり」のページは、背景デザインの中から選んで使ってみました。


フォント
特殊なものでなければ、自分のPCにインストールしてあるフォントは使えるようです。
今回、表紙に使ったフォントは懐映体というフォントです。


写真のフレーム
デコ素材というのが入ってて、写真ごとにフレームを選んで使えます。
普通の白い枠はもちろん、かなりいろんな種類がありますが、
かわいいのが多くて、使いづらいところもありますw


レイアウト
いろんな種類のテンプレートが入ってるので、好きなのを選んで使います。
基本、テンプレートにどんどん写真を入れていくだけなので、簡単です。

ちょっと個性を出したい時には、テンプレートを基本に、写真の大きさを変えたり、位置を変えたりできるので、
オリジナルの編集ができるのもうれしいところ。
「すいかわり」のページは、フィルムのような画像をあらかじめ作っておいて、
写真が見開き2枚入るテンプレートで並べてみました。
このように、普通の写真の形でなくても並べられるので、かなり自由度が高いです。
解説など文章を入れたい場合も、余白でも写真の上でも、自由な位置に入れられます。


今回作った「viviフォトブック」、かなりの自由度で、比較的簡単に思い通りの出来上がりになるので、かなり気に入りました。
価格も、この2種類は1000円前後で、お手ごろ価格。
ということで、「viviフォトブック」は大満足の☆☆☆です!
でました!星みっつですぅっっ!


海外のダンボー写真の権威、アリエルさんの写真集が出るんですって!
かわいい!ほしい!うらやましーい!
amazonリンク(ただいま予約中) 365 Days of Danboard -Amazon box version-

にほんブログ村 写真ブログへ
応援いただけるとうれしいです!



ステキで便利な撮影用小物集めてみました。 figma、ダンボーサイズのうれしい1/12スケール!


ステキなはんこをご紹介!
 
一眼レフカメラ(フィルムのやつ) 認め印
 
 
ひっかく猫 認め印
 
 
酔いどれパンダ 認め印
 
 
捕食ワシ 認め印
 
 
大仏目からビーム 認め印
 



Theme:気になるモノ - Genre:その他

■文庫サイズのかわいいやつ! DreamPagesで作る

にょろ2写真集    にょろ2写真集

光画部、久々のお勉強です。

最近流行のフォトブック
写真も随分たまったことなので、お試しで作ってみました。

DreamPages
大日本印刷のフォトブック、アルバム作成サイトです。
A5の大きいものもあるのですが、今回のは無料キャンペーンで作れたポータブル36p、
A6縦長、文庫本サイズのかわいいやつです。
ペラペラではなく、しっかりとしたパンフレットのような紙、
ほぼデータどおりの色で、さすが印刷はきれいです。
表紙カバーがあって、ほんとにちっちゃな文庫みたいです。

使ってみた感想
レイアウトを選んで、写真をはめ込んでいくだけなので、確かにとても簡単!
ただし、もうちょっと自分好みに仕上げたくなると、自由度が物足りないかも。
文章いらね!がっつり写真集がいいな!の人には、イマイチかも?

背景色
白か黒の2色なので、今回は黒を使ってみましたが、カラフルなのがお好みの方には向かないようです。

フォント
文字も入れられるのですが、明朝、ゴシックなど一般的なものしか使えません。
個人的には文字はほとんど使わないのであんまり関係なかったですが、
もし、どうしても自分で使っているフォントを使いたい場合は、使う画像に文字まで作りこむのがいいかもです。

写真のフレーム
今回は、フレームなしで作りました。
フレームなしは、本の綴じ部分は見えにくくなるので、画像の配置を考えないといけません。
もうひとつ、下の部分にページ数が入る部分があるので、完全に全面にはなりません。
フレームありも、もちろんできます。
ただし、全ページ統一なので、「ここはフレームなし。ここはあり。」ができないのが残念!

レイアウト
レイアウトのテンプレがあるので、好きな配置を選んで、写真をそれにあてはめていけばいいのですが、
もうちょっと種類があるとうれしいかもです。
文章スペースをしっかり作ってあるレイアウトが多いので、写真集というよりは文章を入れていきたい人向けかもしれません。
見本でもありますが、説明を付けたい、子供の成長記録とか旅行記などに、おすすめかもですね。
もちろん、文字スペースの入ってるテンプレを使って、何も入れないこともできます。
その場合は、その部分が背景色になります。
画像スペースも、入れなければ背景色です。


編集画面はこんな感じ

DreamPagesの編集画面
使う写真をアップロード。
レイアウトから枠を選んで、写真を配置。
写真を入れなければ、そこは背景色になる。
とっても簡単!

にょろ2写真集レイアウト
今回のレイアウト。
ざっと並べた様子がわかる程度の小さい画像ですが、レイアウトいろいろ使ってこんな感じ。

もっといろいろ細かく作り込みたい場合は、撮ったままではなく、画像そのものをいじりこむ必要がありますね。
今回の場合は、写真のサイズと枠のサイズが合わなくて、入れたい部分が切れてしまうのを直して使うところが多かったです。

はみ出る画像修正例
撮ったままの写真は、レイアウトにはめ込むと入りきらなくて、スカイツリーが切れてしまうか、ダンボーが半分になってしまっていたのですが、
今回は黒背景ということで黒を両脇に足した画像を用意することで、撮ったままの状態、どこも切られずに入れるようにしました。
手間がかかります・・・
こういう工夫をすることで、いろいろ自分好みに近づけることは可能ではありますが、
本来の、「簡単にできます!」とは、ちょっと離れていってしまうかもですねー。

ということで、今回使ったDreamPagesは、若干の不満あり。☆★★

デジカメでいっぱい撮影できて、自分の写真集まで気軽にできるような時代になったのは、うれしいことですね!
パソコンで写真を見ることが普通になってきましたが、手にとって見る写真は、また格別です。
なんだかダンボーも、生き生きとして見えるような気がw
いっぱいたまった画像、形にするの、楽しいですよ!

にほんブログ村 写真ブログへ
応援いただけるとうれしいです!



ステキで便利な撮影用小物集めてみました。 figma、ダンボーサイズのうれしい1/12スケール!


ステキなはんこをご紹介!
 
一眼レフカメラ(フィルムのやつ) 認め印
 
 
ひっかく猫 認め印
 
 
酔いどれパンダ 認め印
 
 
捕食ワシ 認め印
 
 
大仏目からビーム 認め印
 



Theme:撮ってみた - Genre:写真

■4回目 白いもの 黒いもの

隊長
さてさて、4回目は白いものと黒いもののお話。
白いものといえば、桜の季節ですねー。

隊員
にょろにょろ隊の今年のお花見は、市ヶ谷から靖国神社(ジャガバタを補給)、そこから江戸川橋へ抜けてみました。
その日は、どんよりしていたにもかかわらず、ものすごい人出でした。
桜はよいものです。
しみじみします。

隊長
そんな、日本人なら誰でも、外人までもが夢中になる桜。

隊員
外人さんのお花見宴会がステキでしたねぇ。
ワインにおつまみ。いちいちオシャレ!
そして日本人だって負けないです!
ステキな鍋、ステキな鉄板、ステキな網。
そして漂うステキな香り(うっとり)

隊長
花よりダンゴな隊員はおいといて。

桜の写真、撮るのがちょっと難しいとは思いませんか?
目で見たときは白くてとってもきれいなのに、カメラで撮るとなんだかどんより暗い。
これは露出オートで撮ると、よくおこることなのです。

露出がオート(プログラムモードとか)というのは、大体キレイに写るんですが、
白っぽいもの、黒っぽいものが苦手です。

このオート君、画面の中を見て「これくらいなら全体的にきれいかもー」と計算をします。
これは何を基準にオート君が判断しているかというと、「18%グレー」という色です。
反射率が18%のグレー。
この色がちゃんときれいになるような計算をした結果が、写真になっています。
なんでこの「18%グレー」を基準にして考えるのかというと、
空を1/3位入れた風景の反射率の平均に近い、または、人間の肌の反射率の平均に近いと言われているからです。
つまり、難しいことは置いといて、簡単に言うと、
「みんながよく撮るものだろうなーと思うものが、きれいに写る」ように計算されているのです。
だから、たいていのものを撮ってて、困ったことにはあまりならないはず。

もう少し言うと、オート君は「18%グレーを基準に、全体的に明るいか、暗いかで露出を決めている」ということです。

ということは、このような画面をオート君が見たとき、
ダンボー
「これはなんだかいつもより明るいですねー。絞らないと露出オーバーになってしまうではないですか!
いかんですよ!これは!いつもの明るさにしないといけないのですよ!」
と、白い部分が明るすぎると判断してしまい、暗くしようとするのです。
あくまでも、全体的に18%グレーな雰囲気にこだわるオート君なのです。

逆に、こういう画面をオート君がみたとき、
ダンボー
「なんでこんなに暗いんですか!絞り開けないと露出アンダーになってしまうではないですか!
アンダーは敵なのですよ!暗いは写らないなのですよ!いつもの明るさにしないとです!」
と黒っぽい部分が暗すぎると判断してしまい、逆に明るくしようとするのです。
ここでも、全体的に18%グレーに近づけようと努力をするのです。

普段はオート君の言いなりでもいいんですが、白っぽかったり、黒っぽかったりで、
うまくいかないときはどうしたらいいかというと、
「露出補正」という手を使って、オート君の判断を手直ししてあげるのです。

プラス補正  「オート君。君の判断はちょっと惜しいね。もう少し明るくしたまえ」
マイナス補正 「オート君。君の判断、なかなかとは思うが、もう少し暗くしたまえ」
という操作をすることで、白っぽい写真も暗くならず、黒っぽい写真も明るすぎないようにできるのです。
操作はカメラによって違いますので、説明書でお勉強です。

ちなみに上の桜の写真は+1くらいは明るくしていたと思います。
(マニュアル操作では絞りを開ける、またはシャッタースピードを下げる)
逆に、レンガの方は-2/3くらいだったかなーと思います。
(マニュアル操作では絞る、またはシャッタースピードを上げる)

オート君はなかなか優等生だと思います。
でも、上手に出来ないこともあります。
オート君の実力を理解すること。(きれいに撮れる条件を知る)
ちょっと難しそうかな?と思ったことはどんどん手伝ってあげること。(補正操作する)
撮った写真を見て、いろいろ試して、カメラと仲良くするのがいいと思います。

隊員
ふむふむ。仲良くは大事!
翼くんが言ってましたなー。「ボールは友達!」と。

隊長
毎度、微妙なシメですなー(汗)
にほんブログ村 写真ブログへ
応援いただけるとうれしいです!



ステキで便利な撮影用小物集めてみました。 figma、ダンボーサイズのうれしい1/12スケール!


ステキなはんこをご紹介!
 
一眼レフカメラ(フィルムのやつ) 認め印
 
 
ひっかく猫 認め印
 
 
酔いどれパンダ 認め印
 
 
捕食ワシ 認め印
 
 
大仏目からビーム 認め印
 



Theme:写す - Genre:写真

■3回目 ズームなんて飾りです!

隊長
3回目になってしまいましたので、にょろにょろ隊の偏った撮影法などご紹介!
どのように偏っているかというと、
1 被写体が小さいので、目いっぱい寄る。
2 背景が記念写真並みに入るようにするため、広角の写真が多い。
3 被写体が小さいので、ファインダーを覗かないで撮る。
4 背景までできるだけピンが欲しいので、死ぬほど絞る。
5 オートなんて飾りです。
6 シャッタースピード落としても、絞り開けるな。

レンズはズームの17-55mmを使っているのですが、最短撮影距離が36cmまで寄れます。
ほんとは単焦点で広角20-24mm(35mm換算)くらいの広角があれば、
もっと最短撮影距離も近くなるだろうし、キレイで明るくて言うことなしなのですが、
そんなレンズ出てないのですよ・・・。
あれば間違いなくそっちを使います。
ニコンはもうちょっとがんばりたまえ!
なので代用品としてズームレンズを使っています。
が、ズームレンズの使い方をまったくしていません。

まず、背景を決めます。
多くの場合は目いっぱい広角です。
このレンズは17mmなので、35mm換算で24mmくらいでしょうか。
次にどのあたりにアクターを入れ込むか決めます。
そして、ピントのオートを解除!
ピントは目いっぱい寄った状態にして、「自分が動いて」ピントをあわせます。
そのほうが、画面に対してのダンボーたちが出来る限り大きくできるのです。
あまりよい見本ではないのですが。







見本見本 ダンボー

場合によっては、地面など覗けないところから撮るときがあります。
そのときは、ステキな動くビューファインダーなどついてないので、
「カメラのファインダーを覗いている気持ち」になって「なんとなくこのへん?」という感じで、
数撃ちゃ当たる戦法です。
よい時代になりました。デジタルだからできる戦法です。
ニュータイプのように「見える!見えるぞ!」と思いながらやると、
慣れてきて、だいたいどの辺りが入ってくるか、わかるようになってきます。
そして、そんな撮り方してても、死ぬほど絞っているので被写体のピントは大丈夫!
この写真がその撮り方です。
人通りが多く、ささっと撮影したので、出来は微妙。

模型やフィギュアなどを撮影した写真をみるのですが、だいたいピントが浅いものが多く、
いかにもミニチュアらしい写真(ミニチュアなので正しいのですが)を多く見ます。
にょろにょろ隊の写真はまったく逆の写真になるわけです。
偏っていますねー(笑)
なんでこんなめんどくさいことをやってるのかというと、
普通の記念写真など、人の写真のように違和感なく見えるようにする、
「人サイズに見えるようにするため」なのです。
そのほうが生き生きとして見えるかなーと。
違和感なく見える大きさに合わせる工夫をしているつもりなのですが、
まあ、うまくいくとき、いかないとき、なかなか難しいものです。
なので、ダンボーたちの大きさがわからないという感想があれば、
「しめしめ。してやったり!(ニヤリ)」な
にょろにょろ隊なのですよー。

隊員
今回はちゃんとにょろにょろ隊の秘密が明かされていますなー。
ニュータイプなのですね!ピキーン!
影で隊員もがんばっているのですよー。
ホメラレモセズ クニモサレズ
ソウイウモノニ ワタシハナリタイ・・・

隊長
なぜそこで卑屈に雨ニモマケズ!?



にほんブログ村 写真ブログへ
応援いただけるとうれしいです!



ステキで便利な撮影用小物集めてみました。 figma、ダンボーサイズのうれしい1/12スケール!


ステキなはんこをご紹介!
 
一眼レフカメラ(フィルムのやつ) 認め印
 
 
ひっかく猫 認め印
 
 
酔いどれパンダ 認め印
 
 
捕食ワシ 認め印
 
 
大仏目からビーム 認め印
 



Theme:写す - Genre:写真

Twitter


 

プロフィール

にょろ2隊

Author:にょろ2隊
☆お知らせ☆
気まぐれ更新で、どうしてもお返事が遅れてしまうのが心苦しいので、コメントをはずしました。すみません!


妙なもの、ステキなものを
偏った感覚で、
ダンボーとドロッセルが
ご紹介!
人目も気にせず無駄に真剣に
撮影しております。
とってものんびり更新です。

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

散歩
風景写真

ぽちっと応援いただけると
ドロッセルお嬢様が
とても喜ばれます。
ダンボーも顔にはなかなか
出ませんが、喜んでいるに
違いありません。

画像は大事な宝物。
無断使用は厳禁ですよー。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

くるくる写真館

元写真はブログでどうぞ♪

CssTagCloud

散歩写真  ダンボー  ホリデーロゴ  Google  おいしいもの  スカイツリー  フェスティバル  ビール  ドロッセル    クリスマス  横浜    鎌倉          オクトーバーフェスト  雑司が谷  勇者  写真の勉強  お土産  代々木公園  銀座  九州  日比谷  ライオン  航空祭    晴海  ハロウィン  深大寺    お正月  東京タワー  季節物  花見  twitter  金環日食  gif  アイコン  木星  金星  フォトブック  横須賀  キングカズマ  浅草  植物  加工写真  渋谷  新宿  小田原  フォトグック  月食  東京  

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。